×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

家政婦は見た!

いろはに

PvM魔法戦術集No1

 

魔法使い講座

いろんな
テクニック集
♪

PvM魔法戦術集No1

目次

0.      はじめに

1.      PvM魔法戦術集とは

2.      マゲ=カタに学ぶモンスターの行動パターン

3.      ライジャッドに学ぶマゲ=カタの応用

4.      PvM魔法戦術集 == ソロ基本編 ==

5.      インビジビリティと安全な移動

6.      引き打ち戦術

(ア)  引き打ちと射程

7.      タンク召喚戦術

(ア)  タンク召喚基本編

(イ)  召喚生物が消えた際の対処

(ウ)  タンク召喚および引き打ち戦術

(エ)  対吸い込み接近戦術

8.      終わりに

 

はじめに

夢「バードメイジの夢見(ゆめみ)です」

空「ネクロメイジのクゥです」

い「忍者戦士のいろはです」

 

夢「今日はいろんな人のPvMの基本戦術について解説するよ!」

い「勝手に人の戦術取り扱っていいの?」

空「大丈夫! ○○さんにはこれから了解を得るから!」

 

い「適当な・・・。ていうか○○さんって誰?」

空「夢見の友達だよ。メイジなのにいろんなボスをソロで倒すつわものなんだ」

夢「そんな桜が誇る魔法使いの戦術に、興味があるって人いっぱいいると思うな」

空「というわけで、今日はいろんな人の戦術集をまとめてみたんだ」

 

い「へえ、面白そう。詳しく聞かせてよ」

空「それじゃあ」

夢「PvM魔法戦術集、始まるよ!」

 

魔法戦術集とは

い「そもそもの話、PvM戦術集って何? なんなの。ていうかPvMって何」

空「PvMていうのはプレイヤーvsモンスターの略で、対モンスター向け戦術のことなんだ」

夢「モンスター相手によく使ってるメイジの戦術をまとめたものだよ」

 

い「それって全部○○さんが開発したの?」

空「開発したのもあるし、一般的な戦術もあるよ」

夢「今回は、それらを体系的にまとめてみたんだ」

 

い「へー。つまりさ、魔法戦術の体系本ってことかな」

空「そうそう、まさにそれが目的!」

い「面白そうじゃん」

 

夢「まずは基本に立ち返って、マゲ=カタとライジャッドの解説からだよ!」

 

マゲ=カタに学ぶモンスターの行動パターン

い「マゲ=カタについては、もう知ってるよ」

空「そうだね、詳しくはマゲ=カタ講座を読んでね」

夢「今回はマゲ=カタの基本原則であるモンスターの行動パターンと操作方法の復習だよ」

い「なんだか難しそうだね」

空「わかんなかったら、マゲ=カタ講座を読み返してね」

 

い「まず、モンスターの行動パターンから!」

夢「モンスターは通常モードと攻撃モードの二つを持つんだ」

空「攻撃動作を取るのは攻撃モードだね」

夢「逆に攻撃してこないのが通常モード」

い「攻撃モードから通常モードへ戻すには、どうすればいいんだっけ」

夢「いろいろあるけど、インビジビリティとかでターゲットを切ればオッケイ」

 

空「そして重要なのが、索敵周期だね」

い「たしか一定時間ごとにモンスターは索敵をするんだよね」

夢「14秒に一回、周囲にいるプレイヤーを探すんだ」

空「そして見つけたプレイヤーへターゲットを取り、攻撃モードに切り替わるんだ」

い「これに対処するのが、防御の型だね」

 

 

 

 

空「索敵周期が着た瞬間にインビジで隠れると、次のターゲットが来るのは14秒後に確定するんだ」

夢「これを利用して、安全期間の14秒間に様々な行動をとる」

い「それがマゲ=カタの真髄だね」

 

夢「以上でマゲカタの振り返りを終えるよ!」

空「次はマゲ=カタの応用だね」

い「ついていけるかなぁ」

 

ライジャッドに学ぶマゲ=カタの応用

夢「ライジャッドって知ってるかな?」

い「知らない、なにそれ」

空「有名な戦術だけどね。詳しくは検索してみてよ」

 

空「ライジャッドをひと言で説明すると」

夢「安全期間の間にバード技能や召喚を確実に、かつ、安全に実行する技術」

い「それがライジャッドなんだね。でさ、何がどうマゲ=カタの応用なの?」

 

空「ライジャッドはモンスターのターゲットが来た瞬間にインビジで消えるところから始まるよね」

夢「これが、マゲ=カタでいう防御の型にあたるんだ」

い「へえ、そうなんだ」

 

空「その安全期間中に不調和や召喚を安全に実行する。ここが、マゲ=カタの応用にあたる部分だよ」

夢「もっとも、ライジャッド自体はそれで完成された戦術だからね。開発者がマゲ=カタを意識してるかどうかまではわかんないよ」

い「へええー」

 

 

 

 

空「以上でライジャッドに学ぶマゲ=カタの応用はおしまい」

夢「次から、PvM魔法戦術集本編が始まるよ!」

い「やっと本番だぁ」

 

PvM魔法戦術集 == ソロ基本編 ==

い「てさ、PvM魔法戦術集って何がすごいの?」

空「メイジがソロで活動するうえで、知ってると便利な小テクニック集なんだ」

夢「もしかしたらとっくにわかりきった戦術集かもしれないね」

 

い「なぁんだ、聞いて損した」

空「でも待って。この基本戦術を積み重ねると!」

夢「メイジのソロ活動の幅が、大きく広がるよ」

 

い「へえ、そうなんだ。じゃ、聞いてみようかな」

空「詳しくは、」

夢「以下参照!」

 

インビジビリティと安全な移動

空「移動中、モンスからタゲが来て大トレインを引き起こすこと、たまにあるよね」

い「注意散漫なだけじゃん」

夢「そんなあなたにインビジビリティ」

 

い「でもさ、インビジしてもすぐにタゲ来るじゃん。隠れてるままだと移動できないし」

空「なら、安全期間を思い出してみて」

夢「タゲが来て、即タゲを切ってから14秒間モンスターは攻撃行動をとらない」

い「え」

 

空「つまり、モンスからタゲが着た瞬間に、インビジで隠れると?」

夢「その安全期間中に安全に移動する時間がゲットできるよ!」

 

い「でもさ、移動した先にモンスがいたらまたタゲられるよ!」

空「そこでインビジのプレキャストさ」

夢「まとめてみようか」

 

I.      インビジをプレキャストし移動

II.    モンスからターゲットが来る

III.  インビジを解放しターゲットを切る

IV.   最初に戻る

 

 

 

 

い「なるほどぉ。安全期間の間に、いろんな行動をとるんだね」

空「その通り!」

夢「それがマゲ=カタの応用の常とう手段なんだ」

 

空「ちなみに、移動することでターゲットを取るモンス相手には、どうすればいいかな?」

い「うーん」

夢「移動によるターゲットを切って、即インビジプレキャスト。索敵周期によるターゲットが来たらインビジ解放で切る。あとはいつも通りでオッケイ」

 

空「もうひとつ、おまけで紹介するよ!」

い「なんだろう、気になるな」

空「テレポで移動すると、周辺の通常モードのモンスターからターゲットが来るんだ」

夢「この性質うまく使うとモンスターの整理や範囲攻撃がとりやすくなるよ」

 

空「次から、PvM魔法戦術集らしい記事になるよ」

い「楽しみだな」

夢「こうご期待!」

 

引き打ち戦術 引き打ちと射程

い「引き打ちなら知ってるよ」

空「へえ、じゃあどうやればいいの」

い「攻撃したら、逃げて、また攻撃をする。それが引き打ちさ!」

夢「そうだね。じゃあ、具体的にはどれくらい逃げればいいのかな?」

 

い「え、えーと。うううーーーん」

空「いろは姉が熱出して倒れた!」

 

夢「魔法も弓もそうだけど、射程距離はだいたい10マスなんだ」

空「じゃあ、攻撃するときは10マス以内にいて、攻撃したら11マス圏外に逃げればいいのかな」

夢「そうだね、それが引き打ちの基本だよ!」

空「具体的な例を挙げて見てみよう」

 

I.      エナジーボルトを詠唱

II.    モンスターに接近し解放

III.  ただちに逃げて距離を取る

IV.   十分な距離が取れたら最初へ戻る

 

 

 

 

い「なんだか原始的だなぁ」

空「でもこれで、金閣下も倒せるんだよ?」

い「え、えええええ」

夢「基本をあなどるなかれ・・・だね!」

 

空「ちなみに10マス圏内にいるときに魔法が飛んできて、そのあとで11マス圏外に逃げても魔法は当たるよ」

い「えええ、面倒だなぁ」

夢「射程距離については例外もあるから気を付けてね」

い「はーい」

 

空「次、タンク召喚戦術へ行くよ」

 

タンク召喚戦術 タンク召喚基本編

空「メイジしてるとさ、タンクがほしいなーって場面、いっぱいあるよ!」

い「そっか、魔法を詠唱中に攻撃されると詠唱妨害されるもんね」

夢「なら召喚生物をタンクにすればいいじゃない」

 

空「たとえば!」

 

I.      コロ助を召喚

II.    コロ助にターゲットが行くのを待つ

III.  コロ助が戦ってる間に後ろから攻撃魔法で攻撃

IV.   コロ助が消えたら最初に戻る

 

い「なんだか当たり前に見えるね」

空「だけど、テクニック盛りだくさんだよ」

 

夢「コロ助の召喚にはライジャッドを適用するよね」

空「そのあとはターゲットが変わらない限り攻撃魔法のオンパレードだ」

い「そんなことしたらタゲが来て危険だよ」

 

空「そうだね。タゲが来たらどうすればいいんだろう?」

夢「そこでさっきの引き打ちを思い出そう。10マス以上離れてれば魔法は飛んでこない。つまり、距離とってインビジだね」

 

い「なんだか全部当たり前のことだね」

空「そこを忘れないで実行するのが、戦術集の意義なんだ」

夢「基本を確実に実行し、応用につなげる。割と忘れがちなことだよね」

 

空「ちなみによくある突っ込み」

夢「召喚出しても安全を確保できないときは・・・」

い「インビジして隠れて見てればすむよね」

夢「あくまでも、状況に応じて使い分けようね」

 

 

召喚生物が消えた際の対処

い「戦ってるとさ、召喚生物が消えちゃうこと、よくあると思うんだ。そういうときどうするの?」

空「解決策は、ずばり」

夢「召喚しなおせばオッケイ」

い「アバウトな・・・」

 

空「召喚しなおすタイミングは次の3つが多いよ」

 

I.      召喚生物が倒される

II.    召喚生物が時間切れで消える

III.  召喚生物がディスペルされる

 

空「○○さんのブログから抜粋したよ!」

い「へえ、それぞれどんな対処があるの?」

夢「細かく見ていこうか」

 

I. 倒されたケース

夢「いつ倒されるかを把握すればオッケイ! 具体的には召喚生物のHPバーを引っ張り出して、常に確認しようね」

 

い「確認してても、倒されちゃったらどうすればいいんだろう」

空「ライジャッドを適用すればいいよ。具体的には」

夢「インビジをプレキャストしておいて、召喚生物死亡。その後モンスターからタゲが来たら解放。安全期間中に召喚生物を呼び出せばいいよ」

い「へええ。ここでもライジャッドが出てくるんだね」

 

II. 時間切れで消えたケース

い「これも倒されたケースと対処は似てるのかな」

夢「似てるけど、あまりあるケースじゃないよ。たいていの場合召喚生物はすぐ死ぬからね」

い「はかない・・・」

 

夢「もしも召喚生物が消えちゃったら、ライジャッドで対処かな」

い「ライジャッドってすごい戦術なんだね」

 

III. ディスペルされたケース

い「あー、召喚生物が突然消えちゃうんだね。予測できないのかな」

夢「残念なことに、予測不能だよ!」

 

い「予測できない事態に、どうやって対処すればいいの?」

空「一番安全な方法は、インビジを常にプレキャストすることかな」

夢「インビジがプレキャストされている限り、タゲが来てもすぐに消えれるから危険なケースはまずないよ」

 

い「でもさ、攻撃行動をとってたりすると、インビジプレキャストとはいかない場合もあるよね」

夢「そこで次の話を思い出そう」

空「魔法の射程は10マス。その外に行けば安全」

夢「しかも例外として、召喚魔法の射程は10マス以上だったと思うよ」

い「へええー」

夢「位置取りとかにもよるけど、このことを意識しておくとかなり安全性があがるかもね」

 

空「それとさ、バードスキルの不調和ってあるじゃない」

い「知ってる。モンスターの能力が激減する技能だよね」

夢「不調和が入ると、召喚生物へディスペルすることが減るよ」

い「不調和って怖いね・・・」

空「だね」

 

タンク召喚および引き打ち戦術

空「タンク召喚戦術でも、弓でカウンターしてくる相手に特化した戦術だよ」

い「つまりメデューサだね。わかります」

夢「○○さんも自分で解説してたけど、やり方だけ記すね!」

 

I.      召喚をだして、対象から11マス以上離れたところで攻撃魔法を詠唱する

II.    対象から10マス以内へ移動し、解放(発動遅延が存在する魔法推奨)

III.  ただちに11マス以上離れる

IV.   魔法が発動する

V.     これを繰り返す

 

い「へええ、これだけでいいんだ!」

空「これならできそうでしょ?」

夢「できそうでやっていないこと。それがこの戦術集なんだ」

 

対吸い込み接近戦術

い「吸い込みって何?」

空「遠距離から攻撃すると、モンスターのところに強制移動される特殊能力のことだよ」

夢「距離を取りたいメイジには、いやな能力だよね」

 

空「でもね、この吸い込みが発生しない方法があるんだ」

い「知ってる。2マス以内から攻撃すればいいでしょ」

夢「そう、その通り!」

 

終わりに

夢「以上で戦術集ソロ基本編は終わりです」

い「なんだかどれも簡単そうで、やってそうで、できそうで、でも忘れてることも多いものばかりだったね」

空「そうなんだ。割と気づかないけど、やってみるとすごい。それが」

夢「PvM魔法戦術集なんだ」

 

い「なんだか私も魔法使ってみたいな」

空「魔法使いも楽しいよ」

 

 

夢「以上で、戦術集No1を終えるね」

 
にゃん